集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN SEO対策! 2つの施策とは?|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > SEO対策! 2つの施策とは?
SEO対策! 2つの施策とは?

SEO対策! 2つの施策とは?

外部施策と内部施策の違い

ネットで何でも調べられる今では、
ホームページ制作のニーズは右肩上がりになっています。

しかし、ホームページを制作するだけでは、
訪問者を増やす・売り上げを伸ばす
などの効果を得ることはできません。

そこで今回は、SEO対策である外部施策や、内部施策について
ご紹介させていただきます。

外部施策

Webの検索順位を上げるためにSEOには、
外部対策と内部対策の2つの方法があります。

外部施策とは、検索順位を上げたいホームページに
関連度の高いホームページのリンクを貼り、検索順位の向上を狙う施策です。

Googleでは、検索エンジンのアルゴリズムを使って
ホームページを上位表示するかどうかを判断しています。

このアルゴリズムには多くの指標がインプットされており、
そのなかにはリンクの数も条件に含まれているといわれています。

そのため、関連度の高いリンクを貼ることで、
検索順位を上昇させることができるのです。

内部施策

内部施策は、既存のホームページの質を良くする方法です。
これには大きくわけて3つあります。

・コンテンツを充実させる施策
・クローラビリティを上げる施策
・評価されやすくする施策

コンテンツを充実させるという施策では、
新しいページを追加したり、記事を増やしたりなどの
コンテンツに関する情報を多く追加したりといった方法があります。

クローラビリティを上げる施策では、
パンくずリストの作成(ユーザーが今どこのページにいるか視覚的にわかりやすくする方法)や
カテゴリー分けをし、ユーザーにとって使いやすいホームページにするといった方法があります。

評価されやすくする施策では、
METAタグやタイトルなどにキーワードを埋め込むなどを行っています。

上記にご紹介したことが外部施策と内部施策の違いになります。

専門用語も入っていますので、
SEOやホームページに関するご質問があれば、お問合せください。

■外部施策より内部施策が重要?

SEOでは外部施策と内部施策の2つが行われています。
今までは、簡単に行える外部施策を選択する企業が多かったです。

しかし、検索のアルゴリズムは日々変わっています。

現在では、外部施策より内部施策が重要になってきます。
SEOで大切なのは、質のよいホームページやコンテンツを作ること。
つまり、既存のホームページを修正・改善し、
より充実させることが重要なのです。