集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN ライバルに差をつける!? 優位性を瞬時に伝える4つの方法!|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > ライバルに差をつける!? 優位性を瞬時に伝える4つの方法!
ライバルに差をつける!? 優位性を瞬時に伝える4つの方法!

ライバルに差をつける!? 優位性を瞬時に伝える4つの方法!

ホームページは、パッと見て何が自社(商品、サービス)の強みか分かることが大切です。
競合と比べてどんなメリットをユーザーに提供できるか、優位性を瞬時に伝えるためのポイントについてお伝えします。

(1)メイン画像をイメージしやすい画像にする

ケーキ屋さんのホームページなのに、メイン画像は建物の外観だけ…。
これでは、ケーキを探しているユーザーに訴求することはできません。
おいしそうなケーキを紹介したり、興味をそそるキャッチコピーを配置したり、
ユーザーが具体的にイメージしやすい画像に変えることが必要です。

(2)カテゴリ分けや検索方法を分かりやすくする

商品がカテゴリに分かれていなかったり、検索しづらかったりすると、
ケーキを探しているユーザーにとって大きなマイナスです。
「ホールケーキ」「焼き菓子」などでしっかりと分け、
探しているケーキがすぐに探せる仕組みを導入する必要があります。
商品数が多い場合は、様々な条件で検索できるとなお良いでしょう。

(3)的確な場所に必要なコンテンツを配置する

ユーザーに一番見てもらいたいコンテンツは目立つ場所に配置しましょう。
人間はホームページを見るとき、ちょうど“F”の字を描くように視線を左から右へ、
そして縦方向へと進めていくと言われています。
特に“F”の左上はユーザーの目に留まりやすいため、
そこに重要なコンテンツを配置すると、ユーザーに見てもらいやすくなります。

ホームページ開設時は重要ではなかったコンテンツも、時代の流れに伴い、
重要度が高まっている可能性もあります。
トレンドの変化を考慮して、コンテンツの配置を検討するとよいでしょう。

(4)商品やサービスの写真は、できるだけキレイなものを使用する

暗く画質の低い写真だと、せっかくのケーキもおいしそうに見えません。
できるだけ画質が高く、キレイに写っている写真を使いましょう。

商品やサービスを検索しているユーザーは、当然のことながら、
ライバルのホームページも見て比較検討しているはず。
自店の優位性が十分に伝わるよう、写真ひとつにもこだわって、
ライバルに差をつけましょう。

CONTACT

無料相談について

無料相談について

お客様のご希望ごとに、専任スタッフが最適な資料をご用意いたします。

無料相談の例

  • おすすめプラン
  • 導入前のコンサルティング
  • ホームページの改善ご相談
  • ネット活用、運用のご相談
  • ホームページ診断
  • 競合調査
  • 補助金活用のご相談
  • 集客に関するご相談
  • 資料請求

リモート環境でのご対応も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

資料請求・お見積り・ご相談はこちらへどうぞ。【全国無料】

必須お名前

例:山田 太郎

必須メールアドレス

例:abc@w-stage.jp

必須電話番号

例:03-5210-2565

必須都道府県
必須会社名

例:ウェブステージ株式会社 税理士事務所ウェブステージ

必須業種

例:ホームページ制作

任意ホームページ
アドレス
http://
任意ご要望
(複数選択可)
任意ほか、
メッセージ

お問い合わせいただく内容及びお客様の個人情報は、個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。
詳しくは「お問合せ」のページより「個人情報について」をご覧ください。
お問い合わせフォームをご使用の際は、個人情報保護方針の内容にご了承の上で送信いただくようお願いいたします。