ホーム > コラム > 外部リンクの評価に関わるアルゴリズム変更(ペンギンアップデート)について

コラム

外部リンクの評価に関わるアルゴリズム変更(ペンギンアップデート)について

2012年4月24日にいくつかのウェブサイトが順位を落とす現象が確認できました。
これはGoogleのアルゴリズム変更(ペンギンアップデート)の影響を受けたと考えるのが自然です。

.撻鵐ンアップデートの特徴

  • ・ SEO目的の(不正な)リンクを、評価として認めないためのアルゴリズム
  • ・ これにより順位を落とすのは、ペナルティという扱いではなく、単純に自動的に(=機械的に)評価を下げられている
     という処理になります。
  • ・ 最近よく見られる
     「不自然なリンクに関する警告メッセージ⇒順位下落ペナルティ」
     と異なり、再審査リクエストを送信されても「自動でやっていることなので再審査不要です」という扱いになります。
     つまり問題を解決するまでは二度と戻ってこないというものです。
     (逆に言えば、問題が解消されれば自動的に元の評価に戻る可能性もあるということ)

簡単に言えばこういったものです。
俗に言う「質の高いリンク」とか言う問題ではなく、「自然な(評価するべき)リンク」と「不自然な(評価してはならない不正な)リンク」を、機械的に判別して評価を下げることができている、ということになります。

これにより、あえて手動でのペナルティを与えずとも、不正なリンクのみによってランキングを上げているウェブサイトに自動的に順位下落などの措置がとれるようになりました。

したがって、すべての被リンクをSEO会社なりSEO目的の自作リンクで構築しているウェブサイトの場合は要注意です。
(リンクの評価をゼロにされれば、いくら同じようなリンクを追加で構築しても何の意味もありません)

こういったアップデートの影響を避けるために必要なこととして、少なくとも「不正なリンク」として機械的に判断されないことが前提にあります。

不正なリンク(と判断されるリンク)の特徴

  • ・ 似たような(手抜きの)テンプレートのウェブサイトばかり
  • ・ リンクの形式が似たようなものばかり
  • ・ SEO目的のアンカーテキストでリンクされているものが多い
  • ・ 一つのページから多数のウェブサイトへのテキストリンクが出ている
  • ・ テーマが関係ないウェブサイトでも構わずリンクしている

こういうものが典型的な例として挙げられます。
※このような特徴をパターン化し、機械的なデータ処理で抽出することは、今のGoogleにとってみれば容易いことだと思います。

従来のように、上記のような粗悪なリンクを大量に構築するだけのSEO対策は、今後は何も意味をなさない、むしろ逆効果であると言えるでしょう。

SEO業者の優良なリンクサービスの見分け方

  • ・ リンク先とテーマが合致するか
  • ・ 一つのページからやみくもに大量の発リンクを行っていないか
  • ・ 様々な形式でリンクしているか
  • ・ SEO対象のキーワードを意識しないアンカーテキストのリンクを増やしているか
  • ・ 器としても多様なテンプレートのウェブサイトを用意しているか

SEO業者をお選びになる際は、上記のことを担当者に質問してみることもひとつの手段です。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他