ホーム > コラム > Google Search Console (旧ウェブマスターツール)ってどんなツール?

コラム

Google Search Console (旧ウェブマスターツール)ってどんなツール?

Google Search Consoleとは、「Google検索が自分のサイトをどのように認識しているか」「自分のサイトがGoogle検索でどのようなパフォーマンスを発揮しているか」などをチェックするために使うツールです。検索エンジンからWebサイトへの流入を増やしたい人にとっては非常に重要なツールといえるでしょう。
※2015年5月20日に「ウェブマスターツール」から「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」に名称変更されました。

Google Search Consoleの導入メリット
Google Search Consoleを導入する主なメリットは、およそ以下のとおりになります。

●サイトにクローラー(Webページのファイル収集するプログラム)を呼び込み、インデクシング(情報作成と登録)を促進する
(Google検索結果に自分のサイトが表示されるよう、Googleに伝えることができる)
●どんなキーワードで検索されたとき、自分のサイトが何位で表示されたか(検索クエリ)がわかる
●各検索クエリからのCTR(ユーザーのクリック率)がわかる

サイト運営者やWebマーケティング担当者は、Google Search Consoleから得た、こうしたデータをもとにWebサイトを改善し、その結果を調べることで、改善した効果があったかどうかを測定することができます。そして、さらにデータから「こうすればもっと多くのユーザーを誘導できるのでは?」といった仮説を立てることもできます。
Google Search Consoleの導入方法
Google Search Consoleの導入方法は次のとおりです。

1.Google Search Consoleのページ(https://www.google.com/webmasters/)にアクセスし、Search Consoleにログインをクリックする
2.管理したいWebサイトのURLを入力する
3.HTML確認ファイルをダウンロードし、管理したいWebサイトにアップロードする
(※ サイト所有者の確認方法はいくつかあるので、状況に応じて選択して下さい)
4.ブラウザでアップロードが正しく行われたことを確認する

これだけの手順で、Google Search Consoleのページから、SEO(検索エンジン最適化)対策に役立つ、さまざまなデータが入手できるようになります。
パフォーマンスの監視にも役立つ
Google Search ConsoleはWebサイトのパフォーマンスを監視するためにも役立ちます。

「パフォーマンスを監視する」という言葉はちょっとわかりにくいと思いますが、簡単にいえば「自分のサイトがGoogle検索に正しく認識されているか、そして、問題はないかを監視する」ということです。

具体的には、以下のような事柄がそれに当たります。

●Google Search Consoleを利用すると、例えば、何らかの理由でGoogleからペナルティーを受けた場合、Googleから通知が届きます。

●スパムコンテンツやマルウェアを挿入されてしまった場合、Googleから通知が届きます。

●クローラーがサイトを正常にクローリングできているかを確認することが出来ます。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他