ホーム > コラム > OGPでSNSからの流入数をアップ!

コラム

OGPでSNSからの流入数をアップ!

WEBサイトのアクセス数を向上させるために、多くの企業やサイトがSNSを利用しています。
自社サイトや公式ブログなどにFacebookの「いいね!」やTwitterの「ツイート」ボタンを設置しているサイトがほとんどです。しかし、せっかくボタンを設置したにも関わらず、「アクセス数が延びない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
その原因のひとつに「OGPを設定していない」ことが挙げられます。OGPとは簡単にいうと「このページはこんな内容です。」とSNSなどで表示されるための記述です。これはSNSから流入を増やすための必須の設定項目といっても過言ではありません。今回はOGPの重要性やメリットについて紹介しましょう。

OGPとは
OGPとは、FacebookやTwitter、Google+、mixiなどのSNS上でWEBサイトの内容を伝えるための記事情報で、正式名称をOpen Graph Protocolといいます。OGP設定をしていない場合、「いいね!」ボタンがクリックされたとしてもニュースフィード上に反映されないため、あまり拡散されずに終わってしまいます。これではせっかくソーシャルボタンを設置したのに意味がありません。

一方、OGPを設定している場合はWEBサイトのタイトルや説明文、サムネイルなどが表示されるようになり、ユーザーに対してどのようなページなのか正しく伝えることができます。フィードまたウォール上でそれを見たユーザーが「いいね!」をすればさらに広がっていき、結果的に多くの人の目にとまるようになります。OGPはWEBサイトの情報を分かりやすく伝えることで、アクセス数を上げやすくするために必須のプロトコルといえるでしょう。
OGPの導入方法
OGPはhtmlのhead内にmetaタグを追記するだけで簡単に導入できます。
タグによってさまざまな情報を記述できるのですが、基本的には設定しなければならない「必須プロパティ」と、任意の「オプションプロパティ」の2種類に分類されます。

・必須プロパティ(以下4つ)
og:title…ページタイトル
og:type…WEBページの種類(websiteやblogなど)
og:url…WebページのURL
og:image…サムネイル

・オプションプロパティ
og:site_name…WEBサイトの名前
og:description…WEBページの説明文
og:locality…場所
og:email(og:phone_number)…連絡先
og:locale…対応している言語
og:country-name…国名 など

記述できる内容はさまざまですが、基本的には以下のようなつくりとなっています。

ニュースサイトではog:descriptionの部分を厚めにしたり、飲食店の公式ブログならばog:localityで店舗の場所を明示したりするなど、WEBサイトの種類によってタグを使い分けることが大切です。
WEBサイト運営にOGPは必須
OGPの設定を行なえば、SNS上に記事のタイトルやサムネイルが表示されるようになるため、ユーザーの目にとまりやすくなります。WEBサイトへの流入数を増やしたい場合はもちろん、広告のCTR(クリック率)向上にも役立ちます。今やOGPはWEBサイト運営に必須の設定といえます。ソーシャルからの流入を増やしたいサイトはぜひ導入するようにしましょう。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他