集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN ホームページのユーザビリティって何???|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > ホームページのユーザビリティって何???
ホームページのユーザビリティって何???

ホームページのユーザビリティって何???

ユーザビリティとは

ユーザビリティは一般的に「使いやすさ」や「有用であること」を指す言葉。
ITの分野で大変よく使われるキーワードですが、
Webサイト構築においてはとても大切な要素となっています。

“ユーザビリティがいいWebサイト”とは、どのようなサイトでしょうか?

事例を含めつつご紹介したいと思いますが、
まずは、“ユーザビリティがいいWebサイト”はどういうものか、説明いたします。

ユーザビリティの評価基準は、様々な種類があります。

「お問い合わせまでの動線はスムーズか」
「利用者(ユーザー)の満足度が高いか」
「デザインは見やすいか」
「サイトの表示速度は適切か」

例を挙げればキリがありません。

特にサイトの運営者が失敗しやすいのはこの2つ。


(1) 見た目がいい

(2) 使いやすい


この2点は特に失敗しやすいので注意です。

“自分”がいいと思うデザイン、使いやすいと思うサイトになっていませんか?

大切なのは、“自分”ではなく、Webサイトの“利用者”にとってベストなのかどうかです。

ホームページは利用者のことを考えて設計しないと意味がない

利用者のことを考えないで構築されたWebサイトは、
離脱率が高まる可能性があり、むしろ機会損失に繋がる恐れがあります。

ユーザーにとって、閲覧しやすく、使いやすいWebサイトでないと意味がありません。

ユーザーの欲求(ニーズ)、そこで自社が打ち出せる優位性、競合のサイトの作りやウリ…。

それらを全て考え、Webサイトに落とし込むことで初めて、成果の出るWebサイトを運営することができるようになるのです。

Webサイトに訪れたユーザーに対して、どうやっておもてなしをするか。
これが『ユーザビリティ』という言葉の、本来の意味ではないでしょうか。

しかし、最適な『ユーザビリティ』は1度で完成しません。
効果検証をしながら、少しずつ改善する必要があります。

Webサイトは『ユーザビリティ』を考え、運用していきましょう。

忙しくてWebサイトを効果検証する時間がない方は、
業者に相談するだけでも、サイト運営に活用することができるかもしれません。
効率よく運用し、失敗したくない方は、プロに聞いてみることもおすすめします。