集客重視のホームページ制作ならWebStage 集客重視のホームページ制作ならWebStage

15,000社突破

Dreamweaver(ドリームウィーバー)とは?長所・短所も合わせて解説

ホームページ制作ならWebStage TOPコラム一覧Dreamweaver(ドリームウィーバー)とは?長所・短所も合わせて解説
Dreamweaver(ドリームウィーバー)とは?長所・短所も合わせて解説

Dreamweaver(ドリームウィーバー)とはホームページを制作するためのソフトウェアです。ビジネス向けのサイト制作における利用を主な目的としており、プロも使用する本格的な機能が多数搭載されています。しかし、自由自在に使いこなすためには、HTMLの取得が不可欠であることなど注意点もあります。

本記事では、Dreamweaverとは何か、Dreamweaverの長所や短所について解説します。Dreamweaverの導入を検討している方は、本記事を参考にしてみてください。

※本記事の情報は2022年6月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

Dreamweaverとは?

Dreamweaver(ドリームウィーバー)はAdobe社(アドビ社)が開発・提供を行っているソフトウェアです。Adobe社はIllustratoraやPhotoshop、Lightroomなどのクリエイターを対象にしたソフトウェアを多数扱っています。

Dreamweaverはプロフェッショナルを主に対象としたソフトウェアで、プロがホームページを制作するにあたって必要な機能が不足なく搭載されています。Dreamweaverがあれば、あらゆるホームページの制作に困らないでしょう。

ただし、Dreamweaverを利用するためには、月々の料金の支払いが必要です。無料で利用できるソフトウェアではありませんので、よく確認するようにしてください。

Dreamweaverの長所

Dreamweaverの長所

Dreamweaverの長所は下記の3つです。

  • プロ向けの高度な機能が充実
  • WindowsでもMacでも使用できる
  • 最新のバージョンを使える

それぞれ詳しく解説します。


プロ向けの高度な機能が充実


Dreamweaverはプロフェッショナルを対象にしたホームページ制作ソフトです。プロがホームページの制作を行うにあたり、必要とする編集機能が全て搭載されています。

Dreamweaverでは、コーディング後にデザインをリアルタイムでプレビューとして出力可能です。また、自由にデザインできるところも特徴といえます。用意されたテンプレートに従ってホームページを制作するのではなく、自分のセンスを活かして、ゼロベースからデザイン可能です。


WindowsでもMacでも使用できる


DreamweaverはWindowsとMacで同一のソフトウェアを使用できます。また、ソフトのバージョンが同じであれば、端末を問わず同じ操作方法やユーザインタフェースで利用可能です。

Dreamweaverを提供するAdobe社のAdobe Creative Cloudを利用すれば、インストールとアンインストールを繰り返し行うこともできます。



最新のバージョンを使える


DreamweaverはAdobe Creative Cloudでアップデートを頻繁に行えるため、最新機能を使ってみたい人にもおすすめです。

新しい機能に興味がある人や、最新機能の使用を活かしたホームページを制作したい人にとって便利な機能となっています。

Dreamweaverの短所

Dreamweaverの短所

Dreamweaverの短所は下記の3つです。

  • 使いこなすには中級者以上の専門知識が必要
  • 定額制のため毎月料金がかかる
  • 動作が重く感じることも

それぞれ詳しく解説します。


使いこなすには中級者以上の専門知識が必要


ホームページ制作の知識がない人がDreamweaverを使いこなすには無理があるでしょう。

Dreamweaverはホームページ制作に関する専門知識をある程度持っていることを前提としたソフトウェアです。

初心者の方はDreamweaverを利用する前に、ホームページ制作などについて勉強しておくことをおすすめします。



定額制のため毎月料金がかかる


Dreamweaverは有料ソフトウェアです。予算をかけたくない方や採算が取れないような用途での利用にはおすすめしません。

Dreamweaverには4種類の料金プランがあります。

Adobe Dreamweaver単体プランCreative Cloudコンプリートプラン学生・教職員向け法人版
2,728 円/月(税込)6,480 円/月(税込)2,178 円/月(税込)4,380円/月(税込)※1ライセンスあたり
※出典:webデザインソフトウェア | Adobe Dreamweaver(2022-6-28)

上記で紹介した料金は月額の料金になりますので、年間でいうと数万円単位で予算が必要です。

各プランを比較検討し、予算や利用用途に合ったプランを選択してみてください。


動作が重く感じることも


Dreamweaverは使用しているパソコンによっては、動作が重いと感じることがあります。例えば、コード記入時における遅延の発生、プレビュー画面の表示に時間がかかるなどのトラブルがある場合、メモリの使用率が上がっていないか確認してみてください。

また、Dreamweaverは新しい機能が搭載されるごとに動作が重くなります。現段階で動作が重いと感じる場合には、新しいパソコンを購入する必要があるかもしれません。

まとめ

本記事で説明したように、Dreamweaverはホームページ制作についてある程度知識がある人を対象にしたソフトウェアです。

ホームページ制作に必要な機能が搭載されているDreamweaverはプロであれば、搭載されている機能や使い心地のよさに満足するでしょう。一方、HTMLなどの知識がない人は、扱いが難しく、制作を断念してしまうことになるかもしれません。

導入後に後悔しないためにも、Dreamweaverの導入を考えている方は長所と短所を理解し、検討してみるようにしてください。


▼自分で作ってみたい方けの簡易ツールについては、こちらの記事で解説しています。よろしければご覧ください。
ホームページ作成の無料ツールまとめ。2022年版おすすめの使い方も

この記事を書いたメンバー記事を書いた人のアイコン

記事を書いた人のアイコン

ウェブステージ集客メンバー。役立つホームページやウェブ活用を研究するウェブステージで、集客に関する情報を配信しています。ホームページを活用した集客戦略が得意分野です。

CONTACT

無料相談について

無料相談について

お客様のご希望ごとに、専任スタッフが最適な資料をご用意いたします。

無料相談の例

  • おすすめプラン
  • 導入前のコンサルティング
  • ホームページの改善ご相談
  • ネット活用、運用のご相談
  • ホームページ診断
  • 競合調査
  • 補助金活用のご相談
  • 集客に関するご相談
  • 資料請求

リモート環境でのご対応も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

資料請求・お見積り・ご相談はこちらへどうぞ。【全国無料】

必須お名前

例:山田 太郎

必須メールアドレス

例:abc@w-stage.jp

必須電話番号

例:03-5210-2565

必須都道府県
必須会社名

例:ウェブステージ株式会社 税理士事務所ウェブステージ

必須業種

例:ホームページ制作

任意ホームページ
アドレス
http://
任意ご要望
(複数選択可)
任意ほか、
メッセージ

お問い合わせいただく内容及びお客様の個人情報は、個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。
詳しくは「お問合せ」のページより「個人情報について」をご覧ください。
お問い合わせフォームをご使用の際は、個人情報保護方針の内容にご了承の上で送信いただくようお願いいたします。