ホーム > コラム > リスティング広告とSEOの関係性

コラム

リスティング広告とSEOの関係性

「リスティング広告をすればSEOは必要ない」と考える人もいるようですが、リスティング広告とSEOはミッション・ターゲット・効果などの違いがあります。リスティング広告とSEOをそれぞれ正しく理解することで、目的に応じて使い分けができるようになりましょう。

リスティング広告の概要
GoogleやYahoo!などの検索結果ページに広告を掲載できるリスティング広告。今日では大半の名詞に対して検索結果ページになんらかのリスティング広告が表示されるまでに普及しています。

Googleアドワーズでは、ユーザーが広告をクリックするなどのアクションをおこした時に料金が発生します(料金は前払い制)。Yahoo!プロモーション広告でも仕組みは同様です。

ユーザーが検索エンジンを利用するときは「関心があるキーワード」を入力するはずなので、そのキーワードに関連性が高い商品・サービスの広告を掲載するという広告モデルは、今日では重要なネット広告手法のひとつとなっています。
リスティング広告とSEOの相違点
リスティング広告では検索結果ページの上部または非常に目立つ部分に広告が掲載できるため、「SEO対策よりもリスティング広告のほうがユーザー誘導に有利」という考え方も成り立つでしょう。

ただし、リスティング広告は「これは広告である」ということが分かるように表示されます。ユーザーの多くはこのことを知っており、検索上位のサイトと広告とを識別していると考えられます。

一方、SEOで検索結果ページの上位に表示されるのは、「検索エンジンがアルゴリズムによってランク付けしたコンテンツ=ユーザーが求めている情報が掲載されている」とユーザーは経験的に認識していることから、SEOで上位に表示された方がクリック率が高いといった強みがあります。
効果的な補完関係の構築を
SEOは、自分でやる分にはリスティング広告のような広告費は発生しません。ただし効果的なSEOをするためには「SEOに強いWeb制作会社にサイトのリニューアルを依頼する」「Webマーケティングコンサルなどの助言を得てサイトを改善する」などの方法が考えられ、相応の費用が発生するでしょう。また検索順位の上昇にはリニューアル・修正後しばらく時間がかかり、リスティング広告のような即効性は期待できないです。

これに対し、リスティング広告には即効性が期待できますが、広告をやめればその効果もたちまち消えます。またサイトまでユーザーを誘導しても、サイトがユーザーフレンドリーでなければ直帰してしまうでしょう。

SEOでは、ユーザー満足度とCVRを向上させるため、サイトのデザイン・使いやすさ・コンテンツの魅力などを総合的に向上させるという手法が主流です。

そういう意味では「ユーザーをサイトまで誘導するのがリスティング広告の役割」「誘導したユーザーを最終的なコンバージョンに導くのがSEOの役割」と分けて考え、このふたつを並行的に実施することで双方の長所が生かせる補完関係がつくれるのではないでしょうか。
まとめ
・ユーザーをサイトに誘導するために即効性の高いリスティング広告
・サイトの魅力を高め、検索エンジンに高く長く評価してもらうためのSEO

このふたつの違いを理解し、並行的に実施して役割分担をさせることでアクセス数とCVRを同時に上昇させる。これが今日のもっとも王道的なWebマーケティング戦略といえるでしょう。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他