ホーム > コラム > SNSのいいね!やシェアはSEOの効果があるのか?

コラム

SNSのいいね!やシェアはSEOの効果があるのか?

現在、多くのサイトでSNSとの連携が行なわれています。企業の公式サイトから個人のブログに至るまで「いいね!」ボタンや「Tweet」ボタンを設置しているサイトがほとんどです。
FacebookやTwitterなどのSNSと連携をする意味はどのようなものなのでしょうか?SNS連携はSEO対策にはならないといわれていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

SEOへの直接的な影響はない
SEO対策のひとつに「被リンク」があります。良質なサイトからリンクが張られているページは価値が高いと評価され、ランキングの上位に表示されやすくなるというものです。
Facebookの「いいね!」ボタンやTwitterの「Tweet」ボタンを押すとリンクが拡散されるため、被リンクと同じ効果があると考えられがちですが、実は直接的なSEO効果はありません。なぜならFacebookやTwitterなどのリンクにはほぼすべてnofollowが設定されているからです。

nofollowとは検索エンジンに対してリンク評価の受け渡しを無効化できる属性のことで、この設定があることによって、Googleはどれだけいいね!が押されているのか、またシェアされているのかを把握できません。その上、Facebookはほとんどのページに対して、クローラーの巡回を制限する設定をしています。つまり、Facebook上でどんなに拡散されていたとしても、Googleは被リンクの量を一切関知できないのです。
ただし間接的な効果はある
Facebookの「いいね!」ボタンやTwitterの「Tweet」ボタンには、直接的なSEO効果はありませんが、間接的なSEO効果を得ることはできます。あくまでGoogleがFacebook上やTwitter上にあるリンク量を把握できないだけで、実際にはボタンを押したユーザーの知り合いにはしっかりと拡散されているので、そのリンクがクリックされればサイトのアクセス数が増えます。結果的にはnofollowがなかった場合と同じ効果が得られるのです。

現在のSEO業界では、「被リンクの価値が下がった」といわれていますが、価値がなくなったわけではありません。SNSでは被リンクの中でも上質な「自然リンク」を増やすことができるので、うまく流行(いわゆる「バズ」)れば、効率よくサイトの価値を高めることが可能です。
魅力的なコンテンツを作成することが大事
SNSで拡散されるためのポイントとしては「読みたくなる記事」「誰かに教えたくなる記事」「役に立つ記事」であることが挙げられます。シェアされたとしても読まれなければ拡散は止まってしまいます。読み終わったときに心を動かすようなものでなければ「いいね!」や「リツイート」を押されることはありません。ユーザーの心を動かすコンテンツを提供することで、はじめて拡散されるのです。

数年前はリンクを張るだけで簡単にSEO効果を得られましたが、最近はGoogleの審査も厳しくなっており、ただリンクを張るだけでは効果がないどころか、逆にペナルティを受けてしまうこともあります。
現在、SEO業界は量より質に移行しており、上質のコンテンツを作ることこそが、サイトの価値を高める近道と考えられています。SEO会社をお探しの方はコストだけではなく、最新のSEO技術に対応しているか否か、またノウハウや実績の有無にも注目してください。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他