集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN 採用でミスマッチ!?曖昧な表現は避けよう!(2)|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > 採用でミスマッチ!?曖昧な表現は避けよう!(2)
採用でミスマッチ!?曖昧な表現は避けよう!(2)

採用でミスマッチ!?曖昧な表現は避けよう!(2)

■会社をPRする際の効果的な切り口

前回の記事では「なぜ採用のミスマッチが起きるのか」を
ご説明させていただきました。

まだ読まれていない方は
<採用でミスマッチ!?曖昧な表現は避けよう!(1)>
をぜひご覧ください。

今回は、「どういう切り口でPRすれば、求職者に伝わるのか」をご紹介します。


ホームページや広告求人では、できるだけ曖昧な表現は避け、
人事の識見をベースにサイトを構築することが大切になってきます。

なぜなら、人事担当者には、採用後に企業の目的・戦略を達成のために
最適な部署へ配置するという役割があるからです。

客観的視点で事業や組織、従業員の情報を明確にし、
求職者にそこで働くイメージを伝えることが重要です。

■企業が多様なら、アピール方法も多様にある

自社の魅力を伝えるためには、誰よりも人事担当者が、
自社を理解していなければなりません。

十分理解していれば、曖昧な言葉やよくある表現をしなくても
新卒や求職者に企業の意図を伝えることができます。

ホームページで採用活動を行う際は、
今回の記事や<採用でミスマッチ!?曖昧な表現は避けよう!(1)>
を意識してみてください。


Webステージでは、Webに特化したライターが在籍しています。
「文章にすることが苦手だ」
「言い回しが思い浮かばない」
などのお悩みがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。


Webステージのように、
ホームページの立ち上げ時に文章まで任せることができる
ホームページ制作会社もあります。

ですので、自社サイトをもっと魅力的に伝えたいという企業様は、
このような会社を活用してみることが得策です。

ホームページ制作・運用に関するご相談は随時受け付けています。
無料でご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。