ホーム > コラム > ホームページ作成の落とし穴! 誇大表現にご注意を!

コラム

ホームページ作成の落とし穴! 誇大表現にご注意を!

◆そのキャッチコピー、「アウト」かも?



ホームページに掲載する自社の商品やサービスを、
より良くユーザーに伝えたい…。

ホームページご担当の方であれば、どなたでも感じられる事だと思います。
より良い文言や写真を掲載する事は良い事ですが、
実際より大げさに表現したり、異なったとられ方ができる表現は、
法的な観点や御社が所属する団体などの自主規制ルールに逸脱している場合があります。

例えば、健康食品などを販売するホームページで…
「これを食べて半年でガンが治った」
このような治療に関する表現などは、一部を除いてうたうことはできません。
また、「半年で治る」とユーザーに誤認されるような表現も基本的にはできないのです。

◆誤解のない表現を徹底しましょう。

このような情報を掲載したい場合は、消費者の声として掲載したり、
実際のデータがあるのであれば、データとして掲載する必要があります。

また、実際の商品と異なる写真をホームページに掲載されていることがあります。
例えば、60粒入りの商品に対して、120粒入りの商品画像を使いまわすなどです。
このような事実と異なる表現は極力しないようにしてください。
どうしても正しい商品の写真を掲載できない理由がある場合は、
分かりやすい位置にその文言を入れることで、
誤解を避ける事を心がけていただければと思います。
今日、誇大表現やユーザーが誤認するような表現のジャッジについては、
非常にシビアになってきています。
また、ユーザーとのトラブルの原因にもなりかねません。
所属団体などで基準を設けている場合などもありますので、
ホームページに掲載する前に一度、確認したほうが良いでしょう。


◆ウェブステージなら、コンプライアンスを意識した表記・表現を実践します。

ウェブステージでは、プロのライターによる薬事法や景品表示法、個人情報保護法など、 さまざまな法令や規則に準じたホームページの文章表現についても正しい表記を実践しています。 また、定期的に勉強会を開催することで、 正しい知識・表現方法を全員で共有し、高品質なサービスへと還元しています。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他