集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN ホームページ作成の落とし穴! 誇大表現にご注意を!|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > ホームページ作成の落とし穴! 誇大表現にご注意を!

ホームページ作成の落とし穴! 誇大表現にご注意を!

そのキャッチコピー、「アウト」かも?


ホームページに掲載する自社の商品やサービスを、より良くユーザーに伝えたい…。


ホームページご担当の方であれば、どなたでも感じられる事だと思います。
より良い文言や写真を掲載する事は良い事ですが、
実際より大げさに表現したり、異なったとられ方ができる表現は、
法的な観点や御社が所属する団体などの自主規制ルールに逸脱している場合があります。

例えば、健康食品などを販売するホームページで…
「これを食べて半年でガンが治った」
このような治療に関する表現などは、一部を除いてうたうことはできません。
また、「半年で治る」とユーザーに誤認されるような表現も基本的にはできないのです。





◆誤解のない表現を徹底しましょう。

このような情報を掲載したい場合は、消費者の声として掲載したり、
実際のデータがあるのであれば、データとして掲載する必要があります。


また、実際の商品と異なる写真をホームページに掲載されていることがあります。
例えば、60粒入りの商品に対して、120粒入りの商品画像を使いまわすなどです。
このような事実と異なる表現は極力しないようにしてください。
どうしても正しい商品の写真を掲載できない理由がある場合は、
分かりやすい位置にその文言を入れることで、
誤解を避ける事を心がけていただければと思います。

今日、誇大表現やユーザーが誤認するような表現のジャッジについては、非常にシビアになってきています。
また、ユーザーとのトラブルの原因にもなりかねません。
所属団体などで基準を設けている場合などもありますので、
ホームページに掲載する前に一度、確認したほうが良いでしょう。






◆ウェブステージなら、コンプライアンスを意識した表記・表現を実践します。

ウェブステージでは、プロのライターによる薬事法や景品表示法、個人情報保護法など、
さまざまな法令や規則に準じたホームページの文章表現についても正しい表記を実践しています。

また、定期的に勉強会を開催することで、
正しい知識・表現方法を全員で共有し、高品質なサービスへと還元しています。

CONTACT

無料相談について

無料相談について

お客様のご希望ごとに、専任スタッフが最適な資料をご用意いたします。

無料相談の例

  • おすすめプラン
  • 導入前のコンサルティング
  • ホームページの改善ご相談
  • ネット活用、運用のご相談
  • ホームページ診断
  • 競合調査
  • 補助金活用のご相談
  • 集客に関するご相談
  • 資料請求

リモート環境でのご対応も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

資料請求・お見積り・ご相談はこちらへどうぞ。【全国無料】

必須お名前

例:山田 太郎

必須メールアドレス

例:abc@w-stage.jp

必須電話番号

例:03-5210-2565

必須都道府県
必須会社名

例:ウェブステージ株式会社 税理士事務所ウェブステージ

必須業種

例:ホームページ制作

任意ホームページ
アドレス
http://
任意ご要望
(複数選択可)
任意ほか、
メッセージ

お問い合わせいただく内容及びお客様の個人情報は、個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。
詳しくは「お問合せ」のページより「個人情報について」をご覧ください。
お問い合わせフォームをご使用の際は、個人情報保護方針の内容にご了承の上で送信いただくようお願いいたします。