集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN ホームページのページ数|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > ホームページのページ数
ホームページのページ数

ホームページのページ数

ホームページのページ数について

今回は、ホームページのページ数についてのお話です。

ホームページで適切なページ数というのは決まっていません。

しかし多ければ良い、というわけでもないのです。

内容が変わらないページや内容が薄いページは数多くあっても、意味がないのです。



1.ホームページはすべてのページに集客効果


2.ページ数ではなく、ホームページの品質が大事


3.意味のあるページ追加を

1.ホームページはすべてのページに集客効果



実はトップページ以外のページからもユーザーが集まることはご存知でしょうか。

個々のページは入り口として機能をしています。

ですからトップページ以外からでも、ユーザーを
十分呼び込むことができます。

ユーザーのほとんどはトップページにアクセスしてから、
各ページに流れていくだけ、と考えていませんか?

もちろんこの考え方は大事ですが、
検索エンジンが細かく検索できるようになった今では、
すべてのページが大事になってきています。

むしろ最近のユーザーは「〇〇事例」や「〇〇について」
などの個別ページに直接訪問してくると考えた方が良いでしょう。

2.ページ数ではなく、ホームページの品質が大事



1.ホームページはすべてのページに集客効果

で説明して内容だけですと、
ページ数が多い方が良いじゃん、と思った方、実は多くてもダメなことがあります。

例えば、目の前にA店とB店という家具屋さんがあるとします。

A店の品揃えは1000品、B店の品揃えは500品だとします。

A店は「B店より品数が多いので、A店の方がより良いお店だろう」と
考えると思います。

しかし、A店にある1000品のうち700品が似たような商品で、
B店はすべて違う用途の家具を置いていたらどうでしょうか?

使える家具は実際300品と500品になるので、どちらがお客様によって良い店なのか?は明確です。当然B店の家具屋さんになります。

当たり前のように聞こえますが、ホームページも同じです。

内容がさほど変わらない、似たようなページがたくさんあるよりは、
それぞれの情報を打ち出しているページの方が信頼度は高くなります。

3.意味のあるページ追加を



ではページを追加する際の注意点は何でしょうか?

意味のあるページを追加することが必須になってきます。

意味のあるページというのは「良質な情報」が記載されているということです。

業界についての知識や詳細、ユーザーが気になっている情報をWebサイトで小出しすることで、ユーザーを引きこむ必要があります。

そして良質なページが増えれば、ユーザーを呼び込む入り口も増えるので有利になります。

しかし、ここで1番注意をしなければなりません。

いくら良質なページだと言って増やし続けても、
ユーザーがホームページ内で迷子になって離脱する可能性もあります。

WebステージにはWebに特化した校正ライターが在籍していますので、
コンテンツ作りについてお悩みの方は、ぜひご相談ください。