ホーム > コラム > Googleの大規模アップデート「Hummingbird(ハミングバード)」とは?

コラム

Googleの大規模アップデート「Hummingbird(ハミングバード)」とは?

話題になったGoogleのアップデート"Hummingbird"ですが、
最大規模のアルゴリズムアップデートということで、
多くの方から「これ何か対処する必要あるの?」という質問を頂きます。

技術的な背景はここでは省略しますが、どのようなアップデートかをまず大まかに解説すると、
アップデート"Hummingbird"とは、「『単語』ではなく『文章』に近い検索ワードに対し、
今までよりも気が利いた検索結果が返せるようになった」
というようなアップデートです。

これは、GoogleがWebの情報を「文字列」を中心に解析・評価している状態から、
「(検索された言葉の)意味」を適切に解釈し、検索の意図により適した検索結果を返していく、
という流れの中では、非常に大きな変更であったと言われています。
しかし「アルゴリズムが大きく変わる」ということが、
必ずしも「SEOでやることが変わる」ということではありません。

ユーザーの検索行動は、ほとんどが「ネットサーフィン」や「調べ物」、
「情報収集」「サイト名検索(案内型検索)」など、ビジネスに直接結びつかないキーワードでの検索なので、
主にこうした検索に対してのアルゴリズムの改善が今回は行われた、ということになります。

今回のアップデートでは、SEOを行っていく際にランキングを定点観測するような
「商用ワード」に関して大きな順位の影響などは特にありません。

ですので、冒頭のような質問に対する答えるとすると、サイトの管理者がこのアップデートに合わせて
何かアクションを起こす必要はないかと思います。

→ コラム一覧に戻る

  • ホームページ、SEOについてコンサルタントに相談する 03-5210-2565
  • 東京・大阪・名古屋エリアへご訪問します
  • SEOに強いホームページ作成
  • 女性向けホームページ制作
  • SEO対策
  • 制作実績
  • ウェブステージについて Web戦略の専門家が多数在籍。最高の制作チームでサポートします。
ベストベンチャー100
業種別プラン

多彩な業種別プランを
ご用意しています

他にも様々な業種に対応しています

建築業系/不動産業/製造業/士業・コンサルティング/医療法人・福祉/美容・ファッション業/情報通信業/BtoC小売業/運輸業/フード産業/サービス業/リクルート系/教育/金融保険業/鉱業/農林水産業/財団、団体/その他