集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN リンク切れはSEO対策に悪影響をもたらすか?|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > リンク切れはSEO対策に悪影響をもたらすか?
リンク切れはSEO対策に悪影響をもたらすか?

リンク切れはSEO対策に悪影響をもたらすか?

リンク切れが直接検索順位を下げる原因にはならない

リンク切れは別名「Dead Link」とも呼ばれ、リンク切れしたボタンやアンカーテキストをクリックすると、「404 File not Found」が表示され、ユーザーはもちろん、サイトを訪問したクローラーの探索もそこで終了してしまいます。これがいわゆる「404エラー」です。

内的要因の多くは単純な記述ミスによるものが多く、サイト管理者はこうしたミスの発生を避けるよう、十分な注意が必要です。しかし「リンク先のサイトがリニューアルし、URLが変わってしまった」「サイトそのものがクローズした」などの外的要因は対処のしようがなく、定期的に自分のサイトに記載しているリンク先をチェックしてリンク切れが発生していないかを調べるしかありません。
しかし、仮に何らかの理由で突然大量の404エラーが発生したとしても、サイト管理者はそれほど心配する必要はありません。Google社のJohn Mueller氏は、「無効なURLで起こる404は、形はどうであれサイトのインデックスやランキングに悪い影響を与えない」と発表しています。かつてあったサイトやページが存在しなくなることはウェブの世界では日常茶飯事ですから、リンク切れが多かろうと少なかろうと、そのページの価値そのものには関係ないというのがGoogleの考えのようです。

ユーザーエクスペリエンスを引き下げるリンク切れ

しかし、404エラーが直接検索順位を下げる原因にはならないにせよ、こうしたリンク切れが多発するとユーザーはそのサイトに対する評価を下げ、次回からはアクセスしてくれなくなるかもしれません。

「このサイトはリンク切ればかりで利用価値が少ない。よほど長いことメンテナンスもされずに放置されているのでは?」と思わせると、さらに「記載されている情報も古くて信頼性が低いかもしれないな」といった悪い印象をユーザーに与えてしまい、ユーザーエクスペリエンスを引き下げる原因にもなりかねないからです。そうなれば、いくら404エラーが直接検索順位に関係ないとはいっても、結果的には検索順位が低くなっていくのです。

また、そのリンク切れがサイト内コンテンツ(しかも重要なコンテンツ)へのリンクに対して発生している場合、ユーザーが重要なコンテンツにアクセスするのをみずから妨げていることになります。また、そのリンクをたどろうとしたクローラーの動きを阻止することにもなり、二重の損失が発生してしまうことになります。

そこで、サイト構成の大幅なリニューアルなどをする際には、変更したURLに「301リダイレクト」を設定するべきです。301リダイレクトを設定すれば、移転前のURLが持っていた被リンクなどのSEO的評価を新しいURLに引き継ぐことができます。しかし、他者が管理しているウェブサイトに対しては、そのような施策はできません。リンク先のページが削除された場合はリンクを抹消し、新しいURLに引き継がれたのであればリンクを張り直す必要があります。

サイト管理者は、「内部リンクだけがリンク切れを起こしていないかをチェックすれば良い」など、内部リンクと外部リンクを区別するべきではありません。リンク状況をチェックするのであれば、内部・外部両方について行い、すべてのユーザー(クローラーも含む)が快適に回遊できる動線を確保しておくべきでしょう。

自分が管理するサイト内でリンク切れが発生していないかどうかは、W3Cが提供している「Link Checker」などで簡単にチェックすることができます。また、同様のリンク切れチェックツールはネット上で多数提供されており、誰でも無料で利用することができます。

カスタム404ページの活用を

自分のサイトからのリンク切れ対策だけではなく、自分のサイトへのリンク切れにも気を配っておく必要があります。外部から張られているリンクに対して404エラーの発生を防ぐためには、前述した301リダイレクトを設定した上で、万一に備えて「カスタム404ページ」も準備しておいたほうが安心です。

カスタム404ページとは、当該ページが存在しない場合、ユーザーに単に「404 File not Found」を通知するだけではなく、サイトのデザイン性を保ったまま、ユーザーに有益なサイト内情報を提示できるページのことです。

カスタム404ページには、例えばサイト内検索ボックスを設置したり、サイト内の主要なカテゴリへ誘導するリンクを張ったりしてもいいでしょう。
何であれ、ユーザーにブラウザの「戻る」ボタンをクリックさせるのは、SEO的にはあまり賢い方法ではありません。カスタム404ページを設置することで、ユーザーが目的とするページが見つからなかったとしても、そのままサイト内を回遊してくれる確率は上昇するはずです。