集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN ホームページのアクセス解析の重要性|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > ホームページのアクセス解析の重要性
ホームページのアクセス解析の重要性

ホームページのアクセス解析の重要性

ホームページのアクセス解析とは

ホームページのアクセス解析とは、Webサイトを見に来た人が、
「どこから来たのか」
「どれくらい滞在したのか」
「どのページを見たのか」

などのデータを数値化し、解析していくことです。

ホームページのアクセス解析をすることは、
自社サイトの現状を知り、
訪問者やコンバージョン(お問い合わせ)を増やすために、
とても有効な手段です。

今回は、ホームページのアクセス解析の重要性について、
3つご紹介させていただきます。

1. ホームページのアクセス解析でできること

2. ホームページのアクセス解析の課題

3. ホームページのアクセス解析後の目標設定

<まとめ>ホームページのアクセス解析とは?

ホームページのアクセス解析でできること

ホームページのアクセス解析でできることは、冒頭で触れたとおりですが、
さらに詳しくご紹介させていただきます。

ホームページのアクセス解析では、様々なことを調べることができます。

「ユーザーは、どの時間にWebサイトへ訪れて、コンバージョン(お問い合わせ)したのか」
「どのページから入ってきて、どのページから離脱されているのか」
「国や地域、性別で1番多いのはどこか」

など。例えを挙げるとキリがなく、
それだけホームページのアクセス解析には、できることがたくさんあるといえるでしょう。

しかし、ただ調べるだけでは意味がありません。

調べた後に、どのように改善していくか、保っていくのか、
を考えることが重要です。
それらを疎かにすると、サイトが悪くなる一方でしょう。

ホームページのアクセス解析の課題

ホームページのアクセス解析は利点ばかりとは限りません。

いきなり活用しようとすれば課題が生じます。
それは、「手間がかかる」「要点がつかめない」ということではないでしょうか。

例えば、
・ホームページのアクセス解析ツールの設定
・アクセス状況を逐一チェック
・レポートの作成
・効果検証
など、たくさんの作業をしなくてはいけません。

それを他の業務と並行してできるかと言われると、
自信のある人は少ないのではないでしょうか?

ホームページのアクセス解析を導入したことで、
他の業務が中途半端な状態になってしまうのは、
会社にとって不利益でしかありません。

まずはそれらをしっかりと見極めたうえで、
自社内で行えるのか、外部に頼むのかを、決めることをおすすめします。

解析後の目標設定

2.ホームページのアクセス解析の課題」が解決したとします。
次は、その先に何をしていくかが重要になります。

例えば、御社のWebサイトが
「訪問してくれるユーザーは多くなったが、お問い合わせが増えていない」
というような状況だとします。

ここから推測できることはなんでしょうか?


リアルの店舗で例えると…
(1)お店に人が来るようになった
(2)レジまで来る人は増えていない

この状態です。


一体、(1)と(2)の間に、なにが起こっているのでしょうか?

A. お店に来た人とサービス(訴求の仕方)が合っていない
B. お店に来た人が求めているモノがなかった
C. レジの場所へ行きづらい、分かりづらい
D. 接客がよくなかった

まずはこの4つが考えられます。

では、これをWebサイトに置き換えてみましょう。

例えばCの場合は、
【お問い合わせまでの動線が悪い】と仮説ができます。

皆さんも経験があると思いますが、
せっかく買いたいものがあっても、レジが大行列では買うことをあきらめてしまいますよね。

手に取って、レジまで向かったのに、辞めてしまう。
こんなに勿体ないことがあるでしょうか。

お問合せページを改善しないと、多くのお客様を逃すことに繋がってしまいます。

原因が分かれば、お問い合わせまでの動線を見直し、
ユーザーにとって、より使いやすいサイトとなるように変更をすればよいでしょう。
効果がなければ他の手段を考えればよいだけです。

問題点が見えてくれば、改善していくだけですが、
ただ変更すれば良いというわけではありません。

ここで目標を設定しましょう。
「現状、訪問者に対し5%の問い合わせを10%へアップする!」

明確な目標を設定し、少しずつクリアしていくことで、
良いWebサイトにできるのです。

ホームページのアクセス解析とは?

「難しそうだし時間もないから、解析とかしなくていいや」
と思っている人がいれば、

その考えは残念ながら正しくないでしょう。

早期からホームページのアクセス解析をすることで、
より迅速に問題の解決ができます。

人手が足りていないのであれば、外部に。
専任がいるのなら、しっかりと調べる。

そうすることで、競合の一歩先に出ることができるでしょう。
多忙で余裕がないという方は、専門の業者にご相談されることがおすすめです。