集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN これを押さえれば失敗しない、うまくいくホームページ4つのコツ(制作編)|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > これを押さえれば失敗しない、うまくいくホームページ4つのコツ(制作編)
これを押さえれば失敗しない、うまくいくホームページ4つのコツ(制作編)

これを押さえれば失敗しない、うまくいくホームページ4つのコツ(制作編)

ホームページは利用者のことを考えて設計しないと意味がない

はじめに

ホームページは作る前が肝心。導入時の軸作りを怠ると、せっかくホームページを作っても、

ほぼ失敗すると言っても過言ではありません。


(詳しくは前回の記事→「ホームページ作成の前にまず行うべきこととは?(導入編)」をご覧ください。)


導入前に分析した結果があれば、あとはそれを元に、

「失敗しないホームページ制作のポイント」を押さえてホームぺージを制作するだけです。


ホームページを利用するユーザーのことを考えないで制作されたホームぺージは、

せっかく訪問してくれた閲覧ユーザーを離脱させてしまう可能性が高く、

機会損失に繋がってしまう恐れがあります。


見てくれるお客様にとって、分かりやすく、使いたくなるホームページでないと作る意味がありません。


ユーザー(お客様)の欲しい情報に対して、自社がアピールできるポイントをしっかり伝えられる工夫が必要。

またライバルのホームページの作りや強みを知ることも効果的です。


《うまくいくホームページ4つのコツ》

1、実績が多いホームページ制作会社を選ぶ
2、ホームページでは、自社が選ばれる理由を伝える
3、ホームページからの反響をもっと増やしたい場合は
4、ホームページ公開後もずっと付き合える制作会社を選ぶ


.

実績が多いホームページ制作会社を選ぶ

ホームページ制作で失敗しないためには、ホームページ活用の経験と知識があれば安心です。

制作実績を豊富に持つ制作会社に相談することは、成功への近道と言えるでしょう。


実績が多いホームページ制作会社は、企業の課題や規模に合った、成功事例を多く保有しています。


「ホームページを作って何がしたいか」を伝えるだけでも、

同じような課題を持った他社の事例を元にした、最適な手法、予算感を知ることができます。

.

ホームページでは、自社が選ばれる理由を伝える

ホームページへの集客、お問合せを増やしたい場合は、お客様に選んでもらえる「独自の強み」を伝えてください。

まずは自社が欲しいと考えるお客様層に向けて、ライバルよりも選ばれる理由は何か、アピールすることが先決です。


 インターネット上で自社の商品やサービスを検索した際に、どのような検索結果が現れるか調べてみましょう。


実際にユーザーの目線でホームページを閲覧してみようとすると、競合企業だけでなく、

口コミサイトや情報記事など、ライバルとなるホームページが多数登場してきます。


ライバルに勝つには、自社が選ばれる理由を”3秒”で伝えられられる

キャッチコピーやデザインが有効です。



よくある質問や声を載せる


ホームページへやってくるお客様のほとんどは、情報を知りたくてやってきます。

もし、お客様からよく聞かれる質問があれば、「FAQページ」などを用意して、疑問を解決することが効果的です。

競合と比較している場合は特に、細かな情報でも掲載されていると安心に繋がります。

お客様から届いた声、喜びの声はライバルとの差をつける大事なコンテンツになります。

.

ホームページからの反響をもっと増やしたい場合は

ホームページからの反響獲得を増やすには、

連絡先や、問合せボタンを、すべてのページへ表示させ、誘導することが必要です。


ホームページの構造によって効果的な方法は様々あるので、実績のあるホームページ制作会社に聞いてみることをお勧めします。


集客を目的としている場合は、営業時間や休日についての表記も忘れないでください。


お問い合わせページがある場合は、入力時に離脱しない工夫が必要です。


弊社のお客様のホームページを解析すると、お問合せページに来訪される

ユーザーの90%以上が、何らかの理由で離脱していることが分かりました。


これはお店に例えると、

「お客様が欲しいと思った商品を持って、レジに並んでくれたのに、

殆どの人が何らかの理由でレジから離脱してしまった」


このようなもったいない状況です。


離脱の理由は「入力しづらい」「電話番号が載っていなかった」など様々。

一番大事なところで、お客様が離脱しないよう、連絡先の記載については細心の注意が必要です。

.

ホームページ公開後もずっと付き合える制作会社を選ぶ

どんなに良いホームページを作っても、「ただ制作しただけ」では、成果が出ません。


インターネットの世界では、サービスは常に比較検討されるもの。

お客様のニーズは日々変わっていくため、ホームページは定期的に改善させていかないと、

失敗してしまうでしょう。



ホームページ成功のカギは、制作後の運用(改善)にあります。

ただほとんどの会社では、日常業務に忙しく、ホームページの改善に手が回らないことが多いのが現状。

このため、ホームページを作る際は、ホームページの運用サポートに力を入れている制作会社を選ぶことも大切です。


私たちも実践していますが、作った後に、いかにしてお客様と一緒に、ホームページの成果を上げていくかが一番重要なポイントです。

ホームページを作るだけが制作会社の仕事ではありません。

ホームページ作成をお考えの際は、「以下のポイントを全てクリアした」制作会社をお選びください。



◎ホームページの運用サポートに力を入れている制作会社のポイント

・ホームページ運用専門の担当がつく

・定期的な診断と改善提案がある

・相談窓口があっていつでも連絡できる

・ホームページ運用の実績が豊富

・トラブルがあってもすぐに対応できる





.