集客重視のホームページ制作ならWebStage

COLUMN ネットユーザー心理を80%以上把握できるツール!?Webサイトの課題改善に役立つ「ヒートマップ」とは?|1分でわかるホームページ戦略コラム

TOP > ネットユーザー心理を80%以上把握できるツール!?Webサイトの課題改善に役立つ「ヒートマップ」とは?
ネットユーザー心理を80%以上把握できるツール!?Webサイトの課題改善に役立つ「ヒートマップ」とは?

ネットユーザー心理を80%以上把握できるツール!?Webサイトの課題改善に役立つ「ヒートマップ」とは?

ヒートマップとは、Web サイトの各ページや、

広告で使用するランディングページ(LP)において、

実際にページを訪れたユーザーが注目している場所、

していない場所をサーモグラフィー(熱分布)のように可視化したものを言います。


ヒートマップを見れば、例えばユーザーがよく読んでいる/読んでいない文章、

気になっている/興味を示していないコンテンツ、

クリック(タップ)された場所/クリック(タップ)されていない場所、などを

視覚的に認識することができます。

また、マウスの動きを可視化することで、

ユーザーの視線がどこに注目されているかも確認することが出来ます。

マウスと視線の動きは80%以上の確率で連動しています。

クリックとは別に、どの点に注目が集まっているか確認することが可能です。


つまり、ヒートマップでは、

従来の分析方法では分からなかったユーザーの行動がよりリアルに、

より分かりやすく分析できるようになったのです。


集客や販促のためのホームページには、必ず使ったほうがいいツールでしょう。


弊社でも自社コンテンツの運用に、ヒートマップはよく活用しています。


無料で使えるサービスもありますので、

まだヒートマップを使ったことがないという方は、是非この機会に試してみていただければと思います。